僕たちの集会所

生意気な若者がお送りする等身大のオピニオンメディア。

本当の人脈を作りたいなら、まずはあなた自身のスキルを高めよう

f:id:Ryuichirou:20160127191025j:plain

 

 

 

人脈作りなんていらない

 

「人脈」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

ビジネスをやっている人なら恐らく誰でも一度は聞いたことがあるでしょう。そして、それを構築することは、ビジネスで成功するために重要であると言われます。中には、異業種交流会やパーティに出席して、頑張っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、こうした人脈作りはに関して私は懐疑的な考えを持っています。否、人脈作りは必要ないとすら思っています。なぜそう思うのか、その理由を書いてこうと思います。

 

人脈はギブ&ギブでなければ成立しない

 

人脈において大切な事は、互いにメリットを与えられるような「ギブ&ギブ」の関係になっていなければならないということです。どういうことか?片方だけが得をするような関係性ではいけないということです。ビジネスマンがなぜ、人脈作りを頑張るのかといえば、その人や会社と繋がることによって何らかのメリットを得られるからです。

しかし、考えてみてください。こちら側にも何かしら提供できるメリットがなければ、一方的に貰う関係になってしまいます。言い換えれば、こちら側だけが得をする関係性になってしまいます。こんな関係が長続きするでしょうか?

与えている側としては、何らかの見返りをよこせと思うはずです。結果として、一時的には利益を得られても、それは長続きせず、何よりも重要な「信用」を失なってしまうのです。そういった意味で、人脈とはお互いが対等な関係でなければ成立しないものなのです。言い換えると、互いにメリットを提供し合える「ギブ&ギブ」の関係でなければならないのです。また、逆の立場で考えて、鼻から相手を利用してやろうという思いが見え見えの人に対して、あなたは何か協力してあげようと思うでしょうか?

パーティや交流会で、闇雲にたくさんの人と名刺交換している人は要注意です。一方的に得をすることばかり考えてはいけません。まずは、あなたが相手に何を与えられるのかを考えましょう。

 

最高の人脈作りとは、個人としての実力を徹底的に磨くこと

 

 人脈は互いにメリットがある関係性でなければならないと書きました。

そうであれば、自ずと最高の人脈作りとは何かが見えてくるはずです。それは何か?

関わる人にメリットを提供できるような個人になることです。放っておいても、向こうから「あなたと組みたい」と思ってもらえるような個人になるのです。ですから、良い人脈を築きたいなら、まずはあなた自身のスキルを磨くことが求められるのです。

ビジネスで成功したいと考えている人は、異業種交流や交流会に出席する前に、まずは自分の価値を高めるということを考えてみましょう。